HOME CSR

事業系ごみのうち、紙類の焼却が禁止になった今、
お客様の個人情報など機密書類の廃棄は難しくなっています。
そのような廃棄書類の処理と、資源循環型社会を実現するため、
株式会社ミヤックスではパワーシュレッダーのレンタルを行っています。

個人の権利と利益を保護する為に、個人情報を取得し取り扱っている事業者に対し、2005年4月に個人情報保護法が全面施行されました。これは、企業が個人情報を取り扱う場合に、利用目的の特定および制限、適切な取得、取得に際する利用目的の通知または公表、安全管理、第三者提供の制限などの義務を課すものです。ミヤックスでは、個人情報などの機密情報を含む書類の処理を、パワーシュレッダーにより安全・安心にお手伝いしています。
2005年4月から、仙台市では事業系紙ごみのうち、再生可能な紙類を焼却場に持ち込むことを禁止しました。これは、紙類を徹底的に分類して、古紙回収業者などに持ち込んでもらうことによってごみの減量につなげ、紙類のリサイクルを推進するねらいで決定されました。ミヤックスは仙台市の機密書類のリサイクル業者として紙類の安全な処理と、リサイクルを行っています。
大量に発生している産業廃棄物により、現在様々な環境問題が発生してきています。ゴミ問題、地球温暖化、資源の枯渇など、解決しなければいけない問題はたくさんあり、そして今、資源循環型の社会への移行が迫られています。そのため、ミヤックスでは環境対策5R(リフューズ、リデュース、リユース、リサイクル、リペア)をモットーに掲げ、環境問題に取り組んでいます。
リフューズ(Refuse) / リデュース(Reduce)/ゴミの減量化をはかるリユース & リサイクル(Reuse & ecycle)/再使用&再利用 リペア(Repare)/修理

ページのトップへ戻る

パワーシュレッダーによって裁断された書類は、
世界初のゼロエミッション製紙工場である「コアレックスグループ」にて
トイレットロールなどにリサイクルされます。

ページのトップへ戻る